S語録

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログ。

【2019】最も安く引っ越す方法は?大手ではなく個人業者を使って引っ越してみた感想・金額

f:id:shinth1:20190531020844j:plain

我が家もいよいよ引っ越しとなり、安く引っ越せる方法を比較していました。

最も安く済む方法といったら、トラックを借りて自力でやることでしょう。

ただし我が家は荷物も多く、素人が全て運んでくのは流石に無理があるなと。

何より時間効率の面で、プロに任せることにしました。

というわけで、引っ越し業社を比較してみることに。

 

①大手引っ越し業者をサイトで比較してみる

f:id:shinth1:20190520131603p:plain

サイトで比較してみると、こんな感じでした。

11社の平均が75000円ほどですが、かなり業者ごとに値段の差があることが判明。

最安値は31200円でした。

ただし、ここから別途でかかるお金もあるかもしれません。

 

②生活便利アプリ「くらしのマーケット」で比較してみる

f:id:shinth1:20190603181819p:plain

生活の悩みのお助けアプリ「くらしのマーケット 」で比較してみると、最安値20900円と出てきました。

実際に何社かやりとりしてみたところ、追加でかかるお金については出てくる可能性が高いと判明。

例えば駐車場代・ダンボール発送代・時間指定料金などなど。

実際、諸々込みで最終的に「38000円でどうでしょう」ということでした。

うちは荷物も通常の2人暮らし分よりも多く、追加で料金を少し取られてしまう分には仕方ないかな、とは思いましたが、最初に提示されてる価格から倍近いということを考えると、少し付け込まれてる感はあるなと。笑

もっと余裕を持ったスケジュールで予約をしていけば、30000円を切るくらいにはできたかもしれません。

ただ、それでも大手業者の平均価格「75000円」と比較してみると、かなり安い方にはなるでしょう。

 

実際に「くらしのマーケット」で引っ越した感想。

実際に、くらしのマーケット で引っ越しをしましたが、他の大手引っ越し業社とそこまで対応や愛想・スピードなどヒケを取らないと思います。

3人できてくださって、気づけば引っ越しが終わってたという感じ。

ただし、荷物の保護などは大手と比べると甘い部分があり、家財に傷がつく可能性は少し高くなるかなと思いました。

引っ越し業社がよく使っている、引っ越し時にマンションに敷く布(名前わからん)も用意されてなかったので、そこは大手との差になるのかな〜と。

また、当日、荷物量の申告が実際より少なかったということで追加+10000円取られてしまったので、結局総額は47000円という金額に。

これについては実際結構オーバーしてしまったので、自業自得な部分です。

最後にはしっかりと荷物の運び残しがないかを確認してくださったり、そういう部分も含めて、個人評価的には満足★4という感じです。

 

まとめ

ただしこれは、2人分+aの荷物で、東京から東京の引っ越しでの金額です。

条件が変われば金額も変わってくるので、しっかり確認しましょう。

個人的な反省点としては、

・日にちに余裕を持って予約をする

・荷物は実際より少し多いくらいで見積もり申告をする

・持ってくものはとにかく極端なくらい減らす

この3点です。

また、今回アプリで個人業者にお願いしましたが、やはり大手業者という安心感はあると思います。

従業員の教育については明らかに差があるでしょうし、いざという時にバックれられたり、荷物を抜かれたり、情報漏洩するリスクは0ではないと思うので・・・。(これは大手でもありえることですが)

そういう意味で、少し高くても大手業者に頼むのは間違った選択ではないと思いますし、極力金額を抑えるという意味で、こういったアプリを使って引っ越しをしてみるのもアリなのかなと思いました。

それでは良い引っ越しライフを!

【くらしのマーケット】

「はじめての引っ越し」という地獄を終えての反省点や備忘録などをまとめました

f:id:shinth1:20190531020844j:plain

どうも、Sです。 

私が4年ほど前に引っ越しをした時は、ほぼ全ての引っ越しの手続き等をしてくれた方がいたので任せっきりでした。

しかし今回、初めて自分で一から全てをやることになり、その地獄を思い知りました。笑

というわけで今回が実質初めての引っ越しなわけでして、今回はそれらの反省と備忘録を書いていきたいと思います。

これから初めての引っ越しを迎える方には役に立つこともあるかもしれません。

 

今回の引っ越しの反省点

今ちょうど、引っ越しを終えて初夜を新居で迎えているのですが、そんな中でまずは反省点を羅列していきたいと思います。

1.もっと早く引っ越せばよかった

これを言い出すともう1年以上前から「引っ越したい!」と強く思いながらも、行動できなかった自分がいました。

モノが多すぎて分別が終わりそうもない、お金がかかる、いい家がなかなか見つからない・・・など沢山のハードルがあったわけです。

それでも、引っ越す日を確定させてしまえば、物件探しも断捨離も、もっとスムーズに進んでいたでしょう。

引っ越したいと思いながら明確な日にちを決めずにダラダラ過ごしても、生産的にもなれないし時間が勿体無いと思います。

2.モノを日常的に売ったり、処分していればよかった

メルカリなどにはちょこちょこ不用品を出していたのですが、細かいものばかりでなかなかモノが減っていかず。梱包が苦手とか、単純に面倒とか色々ハードルはあったのですが、これも慣れで、普段からこまめに断捨離をしていれば、もっとモノが少なくて楽だったでしょう。特に衣類はヤバいですね・・・。

思い切って捨てるか、誰かにあげるか、宅配業者に買い取ってもらうのが一番です。私はもう服にまみれすぎてノイローゼのようになってました。笑

3.引っ越しより先に不用品回収に来てもらえばよかった

引っ越してから、不用品を元の家に他の業者に回収に来てもらうというスケジュールになってしまいました。ギリギリで業者とのスケジュールが合わなかったのもありますが、これは単純に不用品を引っ越しまでに処分できなかった私のミスです。

これも上記と同じでこまめにモノを捨てたり回収していれば、避けられたでしょう。

4.もっと新居に持っていくものを減らせばよかった

結局、同じ家具を使っていくのであれば、新居に前の家の気持ちを引きずったままになったり、気持ち良い引っ越しにならない可能性があるなと思いました。

私もだいぶ減らしたつもりでしたが、収納ラックやタンス・衣類・小物など含め、もっともっと減らせばよかったなぁと思いました。

引っ越し先で処分するのは、二度手間になるし、結局居座る可能性も高まります。まだ新しいものやお気に入りのものは当然持っていくべきですが、少し大胆に減らすことで、生まれたスペースに新しい素晴らしいモノが入ってくるでしょう。

 

引っ越し順序はこうすべき!次の引っ越しへの備忘録

以下の備忘録は自分自身も、次の引っ越しでは最大限に役に立てようと思っています。

1.引っ越したいと思ったら、引っ越すと決めよう

引っ越したいとふと思ったなら、それは引っ越し時でしょう。お金・時間など、色々なハードルがあると思いますが、絶対なんとかなります。

「引っ越す!」とまずは心の中で決めることで、次へと進んでいけます。

2.引っ越し日(Xデー)を決めてしまおう

とはいえ「引っ越したい」では現実的には全然進んでいきません。どんな仕事などでもそうだと思います。

行動力のあるできる人というのは、Xデーを決めて逆算で動いていきます。

引っ越しも同じで、「この日までに引っ越す」というのを先に決めることで自ずと、物件探しや金策など含めて行動がスタートすることでしょう。

3.ガンガン内見しよう

私も実は、20件近く内見をして今の家になりました。住む可能性があって内見に行くわけなんで、「内見を沢山するのは不動産屋に迷惑」とかは考える必要はないと思いますし、1つの不動産屋さんで1日で3~4件くらいを見るようなスケジュールで行くべきだと思います。1日1件などでは移動など含め、結構非効率です。

心から満足する家を見つけるのって、多分100件くらいは見る気概があったほうがいいと思うので、自分もまだまだ足りなかったと思ってるくらいです。笑

見れば見るほど、最高の物件にたどり着く可能性は高まるし、不動産への知識もついて騙されにくくもなるでしょう。

4.契約をしてしまおう

私もフリーランスで、決して審査が通る方ではありません。実際、今の家に決まるまでに3回落ちてます。(三菱や三井系のタワマンとかは本当に厳しい・・・。)

良い家があっても審査に通らないと意味がないですよね。なので気に入った家があったら契約を通してみると良いのです。

契約が通ってから改めて、住むかどうかを悩んで決めることができます。これ自体はお金も取られないので、やっぱり違うと思ったらキャンセルすれば良いですね。

ただ「契約がせっかく通ったんだから住んでしまおう」と妥協することにもなりえるので、最高の物件を探す方は、そこだけは気をつけたほうがいいかもしれませんね。

5.初期費用を払って退路を断とう

流石に書類何件にもハンコを押したりするわけなんで、お金を払ってしまうとキャンセルは相当難しいです。無理と思ったほうがいいかも。

そうやって覚悟を決めてムチを打つことで、新しい世界が開かれます。

ここからはもう一気に引っ越しモードになると思います。

6.今住んでいる家の大家さんに引っ越しの旨を伝えよう

引っ越しする場合は2ヶ月前に今の家の大家さんに言うのが一般的かと思います。私は引っ越しについて連絡が遅くなってしまい、実は1ヶ月無駄に家賃を払ってます。

面倒くさがらず、忘れずにすぐ連絡しましょう!!

7.急ピッチでモノを減らしまくろう

契約が確定したら、もう引っ越しまで一刻の猶予もないと思ったほうがいいです。私は悠長に構えすぎて沢山のミスをしました。

モノを出しては別の場所に移動させてしまう、のような無駄な行為を延々とし、「あぁ、自分は捨てるのが苦手なんだなぁ」と痛感しました。

特に衣類やぬいぐるみ、貰い物など情がこもりやすいものですね。引っ越しを終えた今となっては相当「断捨離力」のようなものもついた気がしますが、本当に覚悟を持って厳しい目でモノを選別していくべきです。

簡単に断捨離メモをまとめておきます。(別記事で具体的に書くかもしれません)

  • ゴミ袋やガムテープ・掃除用具を購入する
  • ダンボールを用意する
  • 綺麗にしまわず、棚などから全部出す
  • 「絶対いるもの」と「それ以外」に分ける
  • 「気持ち良いもの」かそうでないもので判別する
  • 捨てられるものはとにかくガンガン捨てる
  • アップテンポな曲をかけて掃除を促す
  • 友人や家族に連絡し、不要なものを引き取ってもらう
  • 粗大ゴミセンターに連絡して捨てられるものは先に捨てる(安上がり)
  • 大きいものから捨てていく
  • メルカリに売れそうなものを出品しておく(1つ2000円以上値がつくもの)
  • 捨てられない衣類や本などは、まとめて宅配買取センターに出す
  • 引っ越し日が差し迫っていたら、不用品回収業者に一気に処分してもらう

8.引っ越し業者を決めよう

引っ越し業者比較サイトもしくは、くらしのマーケットなどのアプリで値段を比較すると良いでしょう。

モノの量で値段が決まるので、上記でモノを減らしてから引っ越し予約をすることで、あとで値段が上がることはなくなります。

私はここを失敗して、本来の値段よりも1万円以上高くつきました。持っていくモノが決めてから量を申告すれば、値段が上がることはないはずです。

あと、ダンボールは早めに送ってもらいましょう。もしくは自分でAmazonなどで購入する形になりますね。(10枚3000円くらい)

9.区役所で転居届を出そう

区役所は空いてる時間が限られるため、早めにいくべきですね。

手続き自体はそこまで時間がかかるわけではないので、忘れずにいっておきましょう。 

10.ガス・電気・水道・ネット会社に連絡しよう

ガスと電気と水道、ネット会社には引っ越し日かその前日でも良いので連絡を入れます。余裕があれば引っ越しが確定した時にでも連絡して、日にちを知らせておくと良いかも。何事も行動は早いほうが忘れずに済みます。

そのまま同じ会社を使う場合、新居で開ける日にちなども知らせておけば、二度手間にならなくて済みますね。

11.引っ越し業者が来る当日に備えよう

  • 全ての梱包を済ませておく
  • ダンボールを部屋ごとの塊に分けておく
  • 自分が新居に直接持ってく荷物を決めておく
  • 冷蔵庫の中身の選別をしておく
  • ギリギリまで使うものは分けておく

テレビ、扇風機(暖房機)、空気清浄機、掃除用具、梱包道具などのは最後の最後、引っ越し業者が来る直前に梱包すれば良いでしょう。

 

まとめ

ざっくりですが、こんな感じですかね。

ぶっちゃけもっと色々とあるんですが、ちょっと文字数がえらいことになってしまいそうなので、ひとまずこの辺にしておきます。笑

冷蔵庫問題・洗濯機問題・ベッド問題・当日の引っ越しの手順などなど、細かい部分もまた記事にするかもしれません・・・。

ではまた!!

【猫を飼うか本気で悩んでる人向け】後悔しないために知ってほしいデメリット5つ

f:id:shinth1:20190417234329j:plain

どうも、Sです。

子猫を飼い始めて2ヶ月近くが経つわけですが、やはり楽しいとか癒される部分だけでなく、現実的にしんどい部分・デメリットも出てくるわけです。

言ってしまえば子供を育てるのと同じようなことで、それなりの覚悟をしていましたが、やはり生活リズムなどもガラっと変わります。

ここでは、猫を飼うか本気で悩んでる人のために、あえてしんどい部分だけを羅列していきます。

 

1位 鳴き声 騒音 夜泣き

特に夜泣きですね。これはかなり応えます。

今まではぐっすり眠れていたのに、夜泣きで朝4時頃に起こされることもしばしば。

壁が薄いなどであれば、隣人問題にも発展しかねません。

単純なうるささだけでなく、ペットNGの部屋で飼ってしまった場合などは、そういった危惧も含め、かなりのストレスになってしまうことも。

猫も訴えたいことがあって泣くわけですが、お互いにストレスになりかねません。

これについては、防音の布なども含めて本気で対策する必要があります。

 

2位 毎日の餌やり・トイレ掃除

当たり前ですが、生き物なので毎日ご飯を食べて排泄をします。

その世話にかかる手間を考えてペットを買う必要がありますよね。

それ以外にも、体が汚れたらシートで拭いてあげたり、毛が沢山落ちるので掃除の機会も増やす必要があります。

もし、これができないと思うなら、最初から飼わない方がいいかもしれません。

私も相当な面倒くさがりですが、これは習慣化することでクリアしました。

 

3位 旅行など長期的に家を空けられない

これも旅好きや、出張で家を空けることが多い人は最初に考えておく必要があります。

私もふらっと海外や温泉に行くことがよくあるので、ここは同居人の協力が必須です

1人暮らしで買うのであれば、ペットホテルや猫好きの友人に預けられそうかどうか、あらかじめ考える必要がありますね。参考価格で1泊5000円ほど。

気軽に家を出ることができないというのは、人によっては大きなストレスになります。

 

4位 お金がかかる

当たり前ですが、ペットを飼うとお金がかかります。

私の場合でも最初に30万、ここからさらにフードやトイレの砂・ワクチンなども含めて月平均1万円は出ていきます。

それが重荷になると感じてしまう場合、やはり飼うことはオススメできなくなってしまいます。

 

5位 アレルギー問題

一番悲惨なのは、猫アレルギーがあるとしらずに飼ってしまうパターン。

この場合は強烈な痒みに耐えられず、手放してしまうケースもあるとか。

飼ってみてから知るのではなく、あらかじめ検査を受けた方がいいかもしれません。

私はハウスダスト持ちですが、猫アレルギーはないようでホッとしました。

 

まとめ

というわけで、主にこの5つですね。

勢いで猫を飼ってしまって後悔することがないように、本気でデメリットの部分をクリアできるか考えてから飼うようにしましょう!

それさえ乗り越えれば、毎日の癒しは本当に大きいし、生活が楽しくなるでしょう。

私自身も、これらのリスクがあっても、思い切って飼って本当によかったなぁと思っています。

ラクマって集荷してもらえるの?電話で直接聞いてみた結果!

f:id:shinth1:20190528105841p:plain

メルカリを利用していて、どうしても「荷物を営業所などに持っていくのは大変!(手間)」ということで、いつも集荷サービスを利用するのですが、ラクマを利用して商品が売れ、いつも通り集荷サービスをお願いしようとしたところ、見当たらず・・・。

 

調べてみても解決しなかったので、直接電話してみました。

結論から言うと集荷サービスはやっていないようです!(2019/5現在)

 

自分で荷物を持っていく必要があり、以下の2つの選択肢となります。

自宅から近い場所はネットで調べてみる必要がありますね。

  • ファミリーマート
  • ヤマト運輸営業所

 

(一応、クロネコ営業所の電話番号URL)

http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/center/servicecenter_list.html

 

そう考えると、ラクマより手数料は高いですが、集荷サービスが30円で利用できるメルカリはやはり偉大なのかもしれません。笑

特に、重いものに関しては、メルカリで売ってしまうのがいいでしょうね。以前ダンベルなどを不要になって売ったことがありますが、これを流石に外へ持ってくことは厳しいです^^;

軽くて手軽なものは、手数料の安いラクマを積極的に利用するといいかもしれませんよ。

「三国志大戦」に10年越しでハマってしまったので、初心者が勝つために大切なことをまとめてみた【攻略法】

f:id:shinth1:20190417232911j:plain

初代の三国志大戦(1)が出たばかりの頃は中学生でして、その頃に少しやっていたんですが、なぜか10年越しにその熱が再燃してしまいました。笑 

で、ゲーセンでちょいちょい三国志大戦5をやってたんですが、これが負ける負ける^^;

勝率30%台は本気でセンスがないと自分でも思います。

最初の頃に強いカードがなかなか集まらず、負けまくりスタートだったのもありますが、その後の勝率推移も残念。

あまりに負けるものだから自己嫌悪に陥ってたんですが、2ヶ月くらいやってようやく勝てるようになり出しました。(とはいえ勝率50%が安定してきたレベル)

ようやく通算1000試合くらいになるので、色々と勝つ方法などを考えてきたものをまとめておきます。(というか、このゲームの金を食うスピードやべぇ。2ヶ月で15万円くらい使ってた...。)

  

「三国志大戦」はどういうゲームに似ているか?

f:id:shinth1:20190417233024p:plain

色々と考えていたんですが、「将棋」に結構似ているなと思っていて、先を読む力に、反射神経などのアクション性が融合した感じで捉えてます。

デッキ同士の相性を見極め、相手がこうしたらこう返す、みたいな全体像を100カウントの中で瞬時に組み立てられる人が強い。

ちなみに、私は将棋やオセロのような頭脳ゲームは人並み以上に得意ではなく、麻雀やポーカーのような確率・心理ゲームの方が向いていると自分で思ってます。

だからこそ三国志大戦でここまで苦戦してきたわけですが、何事も反省や対策・知識強化・慣れといった部分でそれらをカバーしていけますよね。

 

「三国志大戦」で勝つために考えたことまとめ

f:id:shinth1:20190417233327p:plain

このゲームって、負けると結構イライラしませんか?笑

なぜかは分からないんですが、他のゲームでそんなイラつかない自分も、このゲームでボコボコに負けると、非常にストレスになるわけです。

逆に、勝つとやっぱり気持ちが良いですよね。

だからこそ、精神衛生上のためにもせめて勝率イーブン以上でやりたいという思いがあり、色々とデッキを試行錯誤したり動画で勉強しているわけですね。

 

1.CPU戦から始め、強いデッキを最速で組む

最初は初期デッキで始めるわけですが、なぜかコスト割れしてますよね。(確か7.5)これで対人戦に行くと、ほぼほぼ負けます。上手い人ならともかく、0.5コスト欠けるだけで全然変わってきますので。

また、完全な初心者だけでなく、ちょいちょいサブカードの人ともあたりますので、その場合はほぼ100%負けます。笑

それくらい三国志大戦は、初心者と達人では優劣のつきやすいゲームだと思います。
(麻雀などは初心者のラッキーパンチもちょいちょいある)

なので、最低限コスト81軍色で揃えて、強いカードが揃うまで、そして最低限のスキルが身につくまでは対人戦を我慢し、CPU戦でカードや縁を集めることをオススメします。

そうすることで最初に対人330敗的な、大惨事は免れることができるでしょう。笑

いきなり負け癖がつくと、私のように長いこと引きずってしまう可能性もあります。

強いデッキについては、上手い人のデッキをミラーでお借りするのも手ですね。

 

2.上手い人の動画を見まくる

上手い人の動画をYoutubeなどの動画で見るのはとても大事だと思います。

私も暇な時間に、上手い人のプレイ動画を見ています。

同じデッキを使った場合でも実力は雲泥の差な訳ですから、もしバトルする機会があったとしても、ほぼ100%負けるでしょう。

そこで自分の立ち回りとはどう違うのか、なぜそこでその計略を使うのかなどを考えながら見ることで、プレイしていない時間でもかなり実力は磨かれると思います。

 

3.自分のプレイ動画を見返す

三国志大戦には自分のプレイを保存できるシステムがあります。

これを活用しない手はなくて、「やっぱりここがダメだったなぁ」とかを後でじっくり見返せるのはめちゃくちゃでかい。

ゲームセンターなら無料で見ることができますし、三国志大戦.netで1動画100円で購入することで、動画を保存して家でゆっくりみれます。

私も課題があったり接戦だったゲームはなるべく保存して、見返すようにしてます。

 

4.枚数の多いデッキや忙しいデッキは控える

私はなぜか一番初めに、頂上で見た「王異の知勇一転デッキ」をミラーしました。

7枚ワラですので、これがまー頭と手が追いつかないこと。笑

わちゃわちゃして、勝手に自滅してゲームセット。こんなことばかりでした。

最初から枚数の多いワラデッキは流石にキツいです。6枚以上は地獄で、5枚でも最初は難しいはず。

私のように頭と両手が瞬時に追いつきにくい人は、4枚デッキが一番バランスいいのではないでしょうか。

その場合も騎馬単などではなく、槍と弓と騎馬がバランスよく入ったデッキ。

騎馬1、槍2、弓1などが良いかと思います。

難易度の易しさ的には「弓>>歩兵攻城兵>騎馬」くらいのイメージです。

弓は基本的に置いておけば勝手に撃ってくれるので楽ですし、槍は前にあるだけで馬に対してプレッシャーになります。

騎馬が2枚以上あると、慣れるまでは本当に刺さりまくります。笑

計略についても同様に、範囲のなるべく広い号令系などがいいでしょう。

「いつ打ってもいいし、打っとけば強い」的なやつですね。

また、初心者のうちはテクニックが無い分、素武力がかなり大事だと思います。

「なるべく素武力が高いデッキで、ミスをしても取り返せるように奥義は再起」みたいな感じがいいのではないでしょうか。 

 

5.オススメのデッキについて

f:id:shinth1:20190417232150p:plain

上で挙げたので少しオススメデッキをいくつか挙げておくと、例えば「王基鐘会の4枚デッキ」などでしょうか。2コスの弓と、2コスの槍(司馬師など)ですね。

王基でスピードをあげて前に行けるし、その後のLv2状態での司馬師は兵力も回復できて強いです。

それ以外でもこのような編成であれば、極力頭と手を同時に動かして、最初のうちからうまく立ち回れると思います。

今のバージョンだと、「徐盛谷利4枚デッキ」「辣腕司馬懿4枚デッキ」なども扱いやすいですね。

最初は色々と試してみたくなるのは当然ですが、強いデッキというよりも、自分に馴染む、扱いやすいデッキであるかどうか。

1つのデッキを極める」くらいの心持ちでじっくり回数を重ねることが、上達や勝つためには、とても大事な気がします。

 

6.とにかく知識をつけること

これは大前提としては、もちろん数をこなすしかないのですが、基本的な知識の差が存在しています。

これを早い段階から意識して、身につけていくことが重要。

例えば、

100カウントの中で士気がいくら溜まるか

1カウントが何秒で、死んだら復活まで何カウントかかるか

・この計略は何カウントくらいで士気がいくら必要か

・魅力持ちが相手に3枚いると士気差はどれくらいになるか

・何マス塗ると内乱スイッチが入り、何カウントでどれくらい攻城ダメージが入るか

などなど、上手い人はこのようなことを全部知っています。

感覚的な部分もありますが、座学で補える部分は勉強しておくといいですね。

この辺は「三国志大戦 桃園」サイトのコラムで勉強するのが良いと思います。

 

<知っておくべき最低知識>

  • 1カウント=2.5秒で、100カウント(1試合)は410秒!
  • 4カウントで1つ士気が溜まり、100カウントで25士気が溜まる!
  • 4カウント10秒なので、10秒で1つ士気が溜まる!
  • 撤退したら30秒(12カウント)で戻ってくる!
  • 復活持ちは-5秒、副将器「活」1つにつき-1秒!(最短22=8カウント強)
  • 再起のカウント減少はマスターで-25秒!
  • 魅力持ち1人につき士気+0.5スタート!
  • 城から出る時間は、全兵種4秒!(1.6カウント)
  • 攻城速度は、攻城準備中で停止してから全兵種4秒!
  • 城を出てからの攻城スピードは騎4.5、象5.5、弓7、歩8、槍9カウント!(+3C
  • 攻城力はコスト・武力・兵種・将器特技に依存し、攻城>>>>騎順に重い!
  • 攻城は1回目4秒、2回目5秒かかるため攻城キャンセルが使えると良い!

この辺りは、頭に刷りこんでおくとよいかもしれません。

 

7.ダメな時は休む 

長時間プレイしていると、いきなり連敗する時がありませんか?

私はデフォルトから連敗することがよくありますが(笑)、人間集中力が切れると、やはりミスが増えます。 

三国志大戦は一瞬のタイミングの迎撃やミスが命取りなので、疲れたと感じる時は、ゆっくり座ったりご飯を食べる休憩時間をもうけましょう。 

目安は1〜2時間おきくらいでしょうか。

とか言いつつ、私は長時間ぶっ通しでプレイしてしまうタイプなので、もう少し意識的に休憩を挟んでいこうと思います。

 

8.上手い人と友達になる 

上手い人と友達になったら、一度ゲームを後ろから見てもらって弱点を指摘してもらうと、かなり上達が早くなると思います。 

自分で気づけない部分に気づけるし、きっと単純に楽しさも増えますよね。

私は三国志大戦は1人でやっているため、これは「できたら良いな~」って感じです。笑

 

9.自分の課題をメモに書きだす

まさに私がやっていることですが、課題は山のようにあります。

それを頭で考えるだけでなく書きだすことで、より鮮明に見えてきます。 

・頭と両手が追いつかない問題

・号令に味方が全員入らない問題

・位置どり最悪の白兵雑魚問題

・槍に刺さりまくる問題

・守りローテ下手すぎ問題

・士気差把握しきれてない問題

・攻めで調子乗って全滅問題

・城門&迎撃キャンセル・騎馬寸止めできてない習得

など、私もこんな感じで沢山の問題と向き合っています。笑

  

まとめ

勢いで書きなぐりましたが、こんな感じでしょうか。 

うまくなるための結論としてはやはり「プレイしまくるしかない」わけですが、プレイ自体にもお金がかかりますし、勝つほうが効率よく、気持ちよくプレイできますよね。 

プレイしてない時に動画やWEBをみて、プレイ中は万全の状態で挑む。

当たり前のことに回帰してしまいますが、これが王道にして最強なのだと思います。

最近はちょっと短期的にやりこみすぎてひと段落しましたが、暇なタイミングでやろうと思ってます。