S語録

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログ。

個人事業主(投資家)が不動産屋に物件探しの相談に行ったら、悲惨だった話


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

f:id:shinth1:20180801034641j:plain

どうもSです。

今回は「どうしても引っ越しがしたい!もう限界!」という私が不動産屋にコテンパンにされた話です。

よければお付き合いください。 笑

 

賃貸不動産屋とコンタクトをとり、会うことに

この話は、チャットで物件を探せる業者さんにお願いするところから始まるのですが、当日あれよあれよと、実際にあって話す流れまでいきました。

家の近くのカフェで待ち合わせをし、パソコンで具体的に物件を探してもらいます。 

で、私はすぐにでも引っ越しを決めたいため、印鑑や確定申告書類などを全部持って行きました・・・。

 

私が探している物件はこんな感じ

なお、私が探している条件は、以下の通りです。

・内装がとにかく綺麗(フローリングとお風呂)

・2人が十分にプライベートを持って住める広さ

・設備が充実している(ジムやプールなど)

・角部屋など遮音防音に適している

・タワーマンションかレジデンス

・ペットが飼える

・都心からなるべく近い

「フザケンナ!」と言われるかもしれませんね。

案の定、ここまで欲張りな設定のため、なかなか希望の物件は出てきません。

それでも、3件ほどネットサーフィンして気になる物件は見つかりました。

私は仕事がら、多くの時間を家で過ごすため、家の環境をとにかく大切にしたいし、できれば家の中で全て完結させたいわけです。

そのため、家賃については35万円までを許容しています。これまで住んでいた家の倍以上になりますが、経費として5割程度計上できるため、実質18万円ほどです。

また、私は2人で住んでおり7万円ほど負担してもらえるので、個人の負担は11万円+光熱費などで13万円ほど。全く問題はありません。

ですが、これを会社とオーナーの審査に通すとなると話は別のようです^^;

 

今住んでいる家より一気に家賃をあげると怪しまれる

最初に言われたのがこれで、やはり30万円代の物件は審査も厳しくなるようです。以前住んでいた賃貸の倍以上の家賃になるため、ここは厳しく追求されるようです。

段階を踏んで上げていくのがベストとのことです・・・。

 

確定申告の金額と職種が一番審査で見られるポイントらしい

確定申告で計上した利益と、職種が何より大事とのこと。やはり大手のサラリーマンなどはこう行った審査系は非常に強く、逆に個人事業主など不安定な仕事については、たとえその年の収入が多くても、審査が通らないことがあるようです。

それに、私の確定申告の金額は、税理士さんと相談してなるべく経費として計上する形で押さえてもらってました。

この時点で、分譲などではない、住友などが管理しているタワー系のマンションはかなり厳しいようですね。

 

銀行口座による資産証明はどうか?

では実際に口座による証明があればどうでしょうか。

なんなら1年分を先払いするという荒技もあります。

これについては、分譲でオーナーとのやりとりで可能なところもあるようです。

今回も口座の証明を出して、そちらの方で審査をお願いすることとなりました。

 

最終的に出てきた物件はたった1件・・・

最終的に、条件にマッチする物件はたった1つでした。

私が気になっていた物件は、全部審査の時点で厳しいとのこと。

そこは新築ではあるものの、場所は全く縁もゆかりもない場所。

金額的には許容内ですが、際立った特徴は正直ないです。

ただし敷礼0で初期費用は相当安かった。

その物件をめちゃくちゃ推され、審査だけ先に通すことになりました。

その後見に行って微妙ならキャンセルには特にお金などもかからないようです。

 

まとめ

グダグダな内容になってしまいましたが、とにかく言いたいこととしては、個人事業主冷遇されすぎ!ってことですね。笑

確かに不安的な仕事の人を住ませて、家賃が払えなくなるというのを避けたいのはわかります。ですがサラリーマンだから、収入が安定しているから優遇されるという構図は正直あまり納得いってません。

まぁ文句を言っても仕方ないので、色々な不動産屋さんに行って、希望のマンションの審査をなんとか通してもらうしかないですね・・・!

誰か審査通す方法、教えて。泣