S語録

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログです。

はてなブログにアドセンスの「関連コンテンツ」を表示させる条件とおすすめの設置場所まとめ!


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

そういえば、気づいたらグーグルアドセンス(Google Adsense)の「関連コンテンツ」広告が表示できるようになってました。

他のブログですでに関連コンテンツを貼っており、今回はメールなどで教えてくれなかったので、気づいた時には「なんだよ〜、早く言えよ〜!(照)」的なテンションだったわけですが、ひとまずサクッと表示させておいたので「はてなブログで関連コンテンツを表示させる条件とおすすめ場所」について共有します。

 

関連コンテンツってなんでしょか?

関連コンテンツはこういうやつ。(↓)

f:id:shinth1:20170603132028p:plain

「powerd by Google」ってなってるからそれで判断できる。

あとは右上に!マークがあるのも特徴。

これの「広告」ってなってるやつがクリックされれば収益となり、それ以外はブログ内の関連コンテンツが表示させるようになっているというわけ。

つまり、広告と内部の関連リンクが一つのコードで表示できる優れもの!

 

関連コンテンツを俺のブログにも載せたい!という人へ

早ければ150記事くらいから表示できるようになります。

基準は曖昧で、300記事で出る人もいれば、500記事で出る人もいる。

さすがに500記事くらいを超えてくればだいたい解禁されてますね。

解禁されれば、一番最初はメールが来ます。

その後でアドセンスのページで確認しましょう。

 

関連コンテンツのコード入手方法

f:id:shinth1:20170603132503p:plain

新しい広告ユニットで関連コンテンツをクリック。

 

f:id:shinth1:20170603132920p:plain

対象サイトが複数ある場合は、選択して広告ユニット名を決めて、コード取得。

スタイルとかサイズも設定できますが、基本はそのままでいいかな。

レスポンシブがレイアウトも綺麗なのでおすすめ。

 

f:id:shinth1:20170603132741p:plain

新規コードが表示されるので、あとはコードをコピペしておきます。

 

関連コンテンツのおすすめ設置場所!(はてなブログ)

f:id:shinth1:20170603132958p:plain

はてなブログより、デザイン→カスタマイズへ飛びましょう。

で、記事下に先ほどのコードを入れていきます。

記事が終わってすぐ後ろがベストですね。

記事下が一番ユーザーが離脱するか他のページを見るか決める部分なので、そこに広告と関連のリンクがあれば押してくれる可能性が高くなります。

 

f:id:shinth1:20170603132952p:plain

スマホも同様に、コードを記事下に入れておく。

画像では記事上になってるけどお気になさらず。笑

 

まとめ 

f:id:shinth1:20170603132028p:plain

これでOKですね。あとは、無事表示されるか確認しましょう!

基本的に関連コンテンツは入れておいて損がないため、解禁されている方はぜひ入れておくといいですね!!