S語録

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログ。

【最新】ゲーム実況やFPSに超おすすめの高性能ゲーミングヘッドホン(ヘッドセット)総合ランキング!【PS4・Switch】


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

f:id:shinth1:20170523084804p:plain

 ニンテンドースイッチやPS4の実況配信やFPSゲームのプレイなどにオススメの高性能ヘッドセットランキングです。

こちらのランキングは価格や機能を元に独自算出しておりますので、参考にしていただければ幸いです!

 

ゲーム実況やFPSに超おすすめの高性能ゲーミングヘッドホンランキング

1位 Combaterwing M170シリーズ ゲーミングヘッドセット

【おすすめポイント】

・クリアな高中音域から強力な重低音まで再生できる大型40mmドライバ
・長時間の使用でも耳を快適に保つよう設計されたゲーミングヘッドフォン
・パソコンだけでなく、PS4などのゲーム機やモバイルデバイスでも使用可

Amazon価格参考:2999円 

  

2位 LEVIN ゲーミングヘッドセット

【おすすめポイント】

・独自の高度なバーチャル7.1chサウンドチップを搭載
・メタル振動モードによって超低音の音響処理が可能
・マイクは伸縮性が高く音を360度拾うことができる

Amazon価格参考:3299円 

 

3位 Kingston プロゲーミング ヘッドセット HyperX Cloud Revolver

【おすすめポイント】

・オーディオ精度を向上させて距離感と奥行きを作り出すワイドレンジ採用
・FPSなどオープンな環境のゲームプレーにおいて理想的
・雑音をカットしたクリアなマイク音声品質を実現

Amazon価格参考:12811円 

 

4位 Luxon ゲーミングヘッドセット 

【おすすめポイント】

・高中音域から重低音までをサラウンド再生する大型50mmドライバを採用
・サラウンドサウンドが立体的で臨場感に満ちた世界を忠実に再現
・イヤークッションが柔らかく、長時間使用時にも快適に使い続けられる

Amazon価格参考:2250円 

 

5位 Codio USBヘッドセット

【おすすめポイント】

・300°回転式アームマイクなので、左右変換可能
・マイクミュート+ボリューム調節が手元スイッチで簡単に行える
・通気性の良いスポンジのイヤーパッドを採用している

Amazon価格参考:1899円 

 

6位 ワイヤレスサラウンドヘッドセット

【おすすめポイント】

・PlayStation3&4のサウンドを7.1chバーチャルサラウンドで体感できる
・ワイヤレスアダプターをセットするだけで、簡単にワイヤレス接続可能
・内蔵のノイズキャンセリングマイクを使って手軽にボイスチャット可能

Amazon価格参考:10481円 

 

7位 Logicool ロジクール G430 サラウンドゲーミングヘッドセット

【おすすめポイント】

・DOLBY7.1chサラウンドで、ゲーム内の細かな敵の足音などを忠実に再現
・ノイズキャンセリングマイクで、周囲の雑音を気にせず自分の声だけを拾える
・フルスピード・デジタルUSBを採用し、遅延のないデジタルオーディオを実現

Amazon価格参考:7888円 

 

8位 ZIDLI ゲーミングヘッドセット

【おすすめポイント】

・蛋白質の革製の密閉型イヤーカップを採用で耳に優しい
・360度調整できるマイク+ノイズキャンセリング機能搭載で雑音完全カット
振動機能付で、重低音を強化して体に伝えより臨場感のあるプレイが可能

Amazon価格参考:6999円 

 

9位 プレミアムワイヤレスサラウンドヘッドセット

【おすすめポイント】

・大口径50mmドライバー搭載で、臨場感のあるサラウンドを再現
・3Dオーディオにも対応し、全方位から立体的なサウンドを実現
・PlayStation4 「ヘッドセットコンパニオンアプリ」連携で音質調整ができる

Amazon価格参考:15475円 

 

10位 KOTION EACH ゲーミング ヘッドセット

【おすすめポイント】

・高中音域から重低音までクリアに再生する大型40mmマグネットドライバを使用
・ノイズキャンセリング機能とLEDライトを搭載、ヘッドアームの調整も可能
・蛋白質の革製の密閉型イヤパッドを採用し、外部の雑音をシャットアウト

Amazon価格参考:2299円 

 

まとめ

たくさんありすぎて迷った方は、まずは値段の安いものを買ってみるといいでしょう!

高いものは材質やマイク音声などもかなり違うため、気になった段階で新しいものを購入してみるのもいいかと思います!