S語録

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログです。

歳を重ねることで魅力を失っていく人のパターン。老害のメカニズム。


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

ついこないだAGA(薄毛)の記事を書きましたが、

年齢を重ねると基本的に杞憂、つまり悩みや心配事が増えていく。

これを今回、強く再認識したので、

「歳を重ねることで、魅力を失っていく人のパターン」

もっというと「老害のメカニズム」について思ってることを書いていきます。

 

老害のメカニズム。

基本的に、歳をとるごとにお金だけはどんどん必要になる。

というのはあなたも感じているのではないだろうか。

薄毛や体型・顔のしわなど見た目のこと、

健康に関する全般的なこと、

結婚や子供のこと、

家賃や生活費のこと、

親や親戚が高齢になってきて介護のことなどなど・・・。

 

お金や時間をそこにかける必要が出てくると、

ずっとやりたくてやれていないことは相変わらずそのままだし、

そんな中に大きな杞憂がドカっとまた一つ、また一つと積み重なってしまう。

 

すると、どうだろう。

「ずっとやりたくてやれていないこと」はますます後回しになってしまう。

 

プライドや意地だけは強くなり、どんどん恥をかけなくなってくる。

そうやって臆病になって、ついには行動ができなくなる。

 

それでも、

五感だけは変に肥えてきて、

テレビで綺麗な人を見てもこの程度か・・・と思ったり、

「あぁ、またこの情報ね」とやってもいないのに知った風になったり。

 

自分の現状を差し置いて、指摘や批判だけはいっちょまえになる。

人の助言や意見には全然耳を貸さなくなる。

これがいわゆる老害のメカニズムだろう。

日本は実は、こういう人で溢れている。

 知らず知らずのうちに、老害になっている。

 

人のことをとやかく言っている場合じゃない。

一つ言えるのは、人のことを言っている場合じゃないということ。

そんなことにエネルギーを割いている場合ではない。

 

幸せに生きるには、

理屈ではなくお金が必要だし、

お金を稼ぐには知識と行動が必要。

自由にたくましく生きるための知恵が必要。

そしてあわよくば、同じ世界で戦う仲間が必要だ。

 

比較するものではないが、

世界的にみて、「日本人の平均」は残念ながら幸せではない。

多くの人が濁りなく「心から幸せ」とは言えていない。

 

これで満足ではないけど、まぁ悪くない。

なんとなくで毎日生きれてしまうから、行動を起こせないでいる。

バイトや仕事さえしていれば、死にはしないというだけ。

そうやって、貴重なエネルギーをあちこちに分散して消耗してしまう。

 

無意味にスマホゲームをしたり、ネットサーフィンをしたり、

Youtubeを垂れ流したり、ゲームセンターやパチンコにこもったり、

2chで人のことを叩いたり、家族や友人に知った口ばかり聞く。

 

本当は、今やるべき大事なことがあるのに。

このままではいけないと分かっているのに。

 

じゃあ、どうすれば良いのか?

老害にならないために、人生を輝かせるためにやるべきことを書いてみようと思う。

 

杞憂(心配事や悩み)はすぐに潰す。

これは、ゴミの入った袋が「ドサっ」と体内で積み重なっていくイメージ。

そんなの想像するだけで、嫌ですよね。

だから「あ、これやばいかな」って思ったら、すぐにそれをどける行動をする。

基本的に一度杞憂が生まれるとそれは大きくなる一方で、勝手に消えることはない。

ただそこに積み重なっているのを忘れてしまうだけ。

即行動して対処できる部分はすぐ潰しておかないと、積み重なる一方である。

自分の中でその杞憂に対するXデーを決めて、すぐに対処したい。

その部分へのお金と時間は、無理矢理にでも確保する。

それが無理だと言うなら、一生モヤモヤがそこにとどまり続けるだけ。

余計なことをしている場合ではない。

 

自分の信じるものをコツコツ、愚直に続ける。

ゴミはどんどん減らし、種はどんどん育てる。

一つ核となるものを、花が咲くまで愚直に積み上げる。

それがお金や幸せを運んでくれる。

あなたを輝かせてくれる。

目先のお金のためにやらされ仕事をして、

休み時間にスマホゲームやネットサーフィンをし、

休日にパチンコをやるだけの人生では絶対に種は育っていかない。

それが何かわからない人は、ちゃんと見つける努力をする。

たまらなく好きなもの、執着してしまうものにこそヒントがあるだろう。

 

一段階、ぶっ飛んだ行動をする。

自分の中で、「結構ぶっ飛んだことしたな〜」っていうインパクトのある行動をする。

1人で海外に行ってみたこと、バンドを始めたこと、高額なスクールに入ってみたこと、オーディションを受けてみたこと・・・。

こういうことは大抵そういう少し精神的や肉体的・金銭的に、自分に負荷がかかったものであるはず。

でも、それらは不思議と、人生単位で「やってよかったこと」になってるんじゃない?

少し自分に負荷がかかるものにこそ、最大のヒントがあるということが言える。

世間や家族の声ではなく、自分の内側の声を聞いてみると良いかもしれない。

 

まとめ

長くなったが、

歳を重ねても魅力を増していく人と、魅力(覇気)を失っていく人。

この2パターンが世の中には存在し、その差はどんどん顕著になる。

 

そして残念ながら、魅力(覇気)を失っていく人の方が多く、

人は自分に負荷がかかる行動を起こさないと、成長できないし変化できない。

ということが言える。

長い間悩みや本当にやりたいことを放置している人、

変われていない人は諦めという形で、どんどん輝きを失っているはずだ。

 

でも、何歳からでも人は変われるというのは世界中の人々が証明している。

老害のメカニズムを知ることで、人ではなく自分に矢印を向けて、負荷をかけて成長してゆこう。

そうすれば僕らはきっと、もっと魅力のある素敵な大人になれるかもしれない。