S語録

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログ。

【アラサー】20代後半の僕が、誕生日を迎える時にした気持ちの整理をまとめておく。


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

f:id:shinth1:20170214021627j:plain

20歳も後半になって来ると、誕生日は祝うよりも、「ひぃ〜、来ないでぇぇ〜」って感じになってきますよね。

「誕生日めでたい!」とかは思えないのは、余裕がないのでしょうか?笑

どっちかっていうと、「もう27歳なのに、なんたらかんたら〜」とか色々とマイナスに考えちゃうもんね!

 

誕生日が刺さる年齢は?

例えば20歳から21歳おめでとうなら、素直に「はい、ありがとう!」だもんね。

実際自分もそうだったし。

やはり、24歳から25歳そして26歳、27歳と言った感じで、やっぱり、1年の重みは20代後半になっていくほどに「心に刺さる」気がする。

29から30歳がやはり、一番強烈なんだろうね(笑)

(逆に30歳超えたらどうでもよくなって来るのかな?)

 

誕生日に卑屈にはなる必要はない

いくつになっても、素直に「おめでとう、ありがとう。」

このやりとりができるのは確かに大事だと思う。

卑屈になるのは違うし、年齢を重ねて来れたことに感謝をしないと。 

そしてやっぱり、ここまで生きて来られる体で産んでくれた親への感謝の日だな。

親に、無事今年も誕生日を迎えられました、ありがとう、と。

  

年齢に悲観するのはただの怠慢・言い訳

とにかく、「もう、○歳」ってのはプラスに働かないからやめたほうがいいと思う。

とはいえ僕も実際に「俺、27歳かよ!!」と正直心が追いつかない部分もまだ大きいし、それは毎年変わらないんだけど、それよりも1年1年、大人になっていく中で今しかできないことをやる。

年齢の壁とはいうし、確かに若いうちしかできないこともあるけど、ある一定を超えて来ると、もはや年齢じゃなくて、心の若さとか、そういう部分になって来ると思う。

18歳でおっさんもいれば、36歳で超若い人もいるし。(見た目だけじゃなく)

 

誕生日はどうやって過ごすべきか?

祝ってもらえるなら、やっぱり身内や恋人にこっそり祝ってもらうのが良い。

まーこれは人によるけどね!(大々的に祝って欲しいという人もいるし)

個人的には、「家で家族や恋人と普段通り過ごして、いつもよりちょっと贅沢な食事ができる。」

これだけで十分幸せな気がしている。

むしろおめでとう、って言ってくれる人がいるだけで良いよ。贅沢だよ。

 

年齢に追いつくような経験や趣味を持つ

年齢にふさわしい趣味や経験って、実際たくさんあると思う。

20歳を超えたなら少しくらいお酒もたしなんでみるべきだし、26歳とかになってきたらちょっと今まで行けなかったような場所に行ってみるとかね。

何か新しいことを始める大きなきっかけにもなるってこと。 

 

今が人生で一番若い日だということを忘れない

26歳と書いていた記入欄にも、27歳と書いていくようになる。

次第にそれが当たり前になる。

そして、26歳と書く日は二度と来ない。

こんなことを言い出したらきりがないけれど、今この瞬間が人生で若いわけだから、本当に1日1日を大事にする。

そしてチャレンジすることに尻込みをしない!

年齢に言い訳をするのはやめようということですね。 

 

まとめ

というわけで27歳になりました。

ここで誰かに祝ってもらえるとは思ってないけど、

やっぱり大きな節目であることには間違いない!

今年は、とにかく面白い経験を沢山し、ぶっ飛んだ27歳を目指します。

皆も、せっかくの誕生日なのに、いつまでも鬱々しい気持ちでいるのはやめよう!笑