S語録

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログです。

ジムで筋トレした後に毎回のように吐き気が来るから、理由と対処法を徹底的に調べてみた。


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

f:id:shinth1:20161110172523j:plain

Sです。

僕は、ジムにたまに行きます。

「稀に」っていう方が正しい表現かもしれませんが。笑

 

で、前回も経験があるのですが、

 

ジムで筋トレしてたら気持ち悪くなって

吐いてしまうんですよね

(すげー迷惑。)

 

さすがにトレーニング中ではないんですが、

クールダウンして更衣室へ向かうあたりで、気持ち悪さがやって来るんですよね。

 

で、トイレに駆け込んで「おえー」って感じなのですが、

あれ、本当になんなんでしょうか・・・? 

 

皆さんも経験、あるよね!?

 

ジムで吐いた日の経緯

その日の僕はというと、 

1時間前くらいにホットドッグを1つだけ食べて空腹を満たし、

その後ジムでトレーニングをスタートしました。

 

メニューは

  • 5分ほどバイクマシンを自分の限界に近い負荷で漕ぐ
  • 胸のトレーニングを10×2セット
  • 肩のトレーニングを10×2セット
  • 背中のトレーニングを10×2セット
  • 二の腕のトレーニングをダンベルで左右10×2セット

 

これで終了!

っていう、そこまで追い込むわけでもなく、普通のトレーニングですよね。

 

どっちかっていうと今回は全然追い込めてないな〜って感じだったのですが

それでも更衣室へ戻る途中から、どんどん吐き気がやってきて顔面蒼白、めまいがしてきて、そのままトイレに駆け込む。

 

大のトイレが両方とも空いておらず、耐えきれずに共用の洗面台へなだれ込む

そして、すぐに吐き気がやってきて、催す

 

申し訳ない・・・。

 

おっさんに後ろでブツブツ言われとりましたw

東京は冷たい街だな〜 なんて思いながらオエオエやってたわけですが 笑

まぁ仕方ないですよね。

(僕が逆の時、人に優しくできるといいんですが)

 

ジムでトレーニングをして吐く理由・対処法

というわけで吐いてしまう理由を調べたので、書いていきます!

 

吐く理由は

体がそのトレーニングレベルについていけてない

急激な運動などで、酸欠状態のようになってしまう

ということのようです。ざっくり言うと。

 

知識としては

  • 嘔吐するのは、酸欠状態と同じ
  • 嘔吐は吐いたものと同じ量の血液を失うのに等しい
  • 筋トレ効果がゼロになるわけではない

といった感じ。

嘔吐すると相当なエネルギーと栄養分を失うことになる、というのは衝撃でした。

吐くということは予想以上に体にダメージを与え、消耗してしまうわけです・・・。

 

きになる対処法としては

とにかく普段からこまめに運動するようにして、負荷を軽くして体を慣らす。

・・・当たり前のことですが、やはりこれに尽きるようです。

あとは、呼吸を整えることや、糖分を摂取しておくこと、水分をこまめにとることも大事になってくるので、本当に準備段階からちゃんと体を運動するモードへと向かわせていかないとですね。。。

 

まとめ

  • 普段からこまめに運動する
  • しっかり準備体操や柔軟をする
  • 負荷は無理なく少しずつあげる
  • 呼吸をしっかり整えながらやる
  • あらかじめ糖分を摂取しておく(ウイダーやスポーツドリンクでもOK)
  • 水分をこまめにとる

 

これらを意識すると、だいぶ変わって来るかもしれないってこと!

当たり前っちゃ当たり前のことですが、とても大事!

 

とにかく、吐いてしまったのがトラウマやクセになって、運動自体が嫌になる、と言うのはやはり避けたいですよね。

習慣として無理なく少しずつ、運動を味方につけていきたいです。

 

吐くのって本当にしんどいから、頑張りすぎず無理なく楽しむことを目的にやってくことにします(´・ω・`)