S語録

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログ。

僕が東京でシェアハウスを運営し始めた理由!トラブル・暮らしのルール・お金・人間関係まとめ


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

sharehouse

Sです。僕は今、男3人でシェアハウスやってます!

発起人・契約者は僕で、去年の12月頃からなので今で10ヶ月ですね。
というわけで、シェアハウスで起こっている色々なことを書いていきます。

(以前こんな記事も書きました)

 

シェアハウスを始めた理由

シェアハウスを始めた理由は「家賃を抑えたかったから、1人暮らしをしたくなかったから」この2つが大きな理由!

本音は、できれば家賃に1円もかけたくなかった!
そのお金でビジネスや自分磨きに投資していきたかったんです。 

でもそういうわけにはいかなかったので、なるべく安くなるようにシェアハウスを始めることに。

 

で、たまたま1人の友人が家を探していたのでタイミングがよかった!
そして「そいつとなら、なんとなく共同生活でも問題なさそうだな〜」と思いました。

というわけで、3LDKに2人で住むことになります。
のちに1人紹介され、3人になる。

 

一緒に住んでも大丈夫な人は?

・物音や細かいことに神経質すぎない人

・ケチケチしすぎてない人

・適度に綺麗好きな人

・物腰が柔らかい、気持ちの良い性格の人

 

一緒に住むべきでない人は?

・言葉遣いが粗かったり、暴力的な人

・不清潔、ゴミ屋敷にしてしまう人

・共同の家事などに非協力的な人

 

って感じですね。

まぁ、この辺は正直、直感で結構わかってしまいます!

 

トラブルはある?

トラブルはあるかと言われると、僕の家の場合は、
今のところ喧嘩とか金銭問題とか、正直、大きなトラブルはない。

小さな部分で思うことはそれぞれあると思うけど、誰と住んだってそれはある。
だからダメなことを責めるのではなく、やってくれる部分に感謝するといった感じですね。言い方ひとつでも結構、気を使ってはいます!

それによってトラブルを防いでるって感じですかね。 

 

おすすめのシェアハウス形態

シェアハウスを試してみたい人・お金を切りつめたい人など、シェアハウスをする理由は色々あると思いますが、

個人的に最もおすすめなのは、仕事の広がりのある人と住むことです。
そうすると、家が仕事場・イノベーションの場所になりうる!

これは、相当価値があります。

 

例えば音楽家なら作曲家と編曲家で住むことで家で仕事が完結したり、
趣味が同じ人と住む、などといった感じですね。

ただ、お金を節約するだけの同居、というのは勿体ないかな、と思います。

「人脈」というのも、しっかり自分の行く道にそぐう属性の人でないと、正直無駄になってしまうし、互いに「なんか違う」でストレス溜まっていくので。

 

暮らしのルール

基本的には、全部各自でやること。洗濯も食事も。
共通部分、ゴミ出しや掃除に関しては、週ごとに役割分担しても良いでしょう。

相手のできてないところを責めるより、できてることを伸ばして役割分けした方が、トラブルが起きにくいです。

 

お金の問題

うちは、完全折半です。(初期費用は僕が払ってますが)

米とかトイレットペーパーとか、皆が使うものは買った人が「家賃ノート」か「LINEグループ」に書き込んで月頭に清算。

 

で、細かく出しすぎるよりもキリのいい数字で多めにもらって、余りは貯めておき、皆でご飯にいくとか、退所する時に渡してあげる、とかがオススメです。

一応少額ですが、問題起こした時の担保にもなりますしね。

 

まとめ

こんな感じです!

色々大変そうに思った方もいるとは思いますが、好きな人間と住むと最高です!
共同生活は、人見知りの修行としても最適ですね。笑

まぁ、正直どうしたって半年〜1年くらいでマンネリは来るので、そうなったら人を入れ替えるとか、何かインテリアなど、新しい風を吹かせていく工夫をしましょう。  

まぁ、安らぎという意味では、愛するパートナーとの同居が最もいいですね。
そりゃそうか。笑 

とにかく、毎日が楽しくなるようなシェアハウスを心がけましょう!!

  

シェアハウスに関する新しい記事を書きました。

www.s-goroku.net

 

 

東京23区駅近新築賃貸アパート・シェアハウス・事務所・一軒家なら【サークルクラブ】