S語録

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログ。

アムウェイ(Amway)の評判や勧誘の実態、商品を調べてみてわかったこと!同居人がアムウェイにハマった話


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

アムウェイ 評判

アムウェイというマルチネットワークサービスの評判や勧誘の実態、及び商品を、第3者のナチュラルな目線で判断してみました!

どうもMr.S添です。

 

以下、あくまで僕の視点です。

僕自身はアムウェイ加入者でもなければ、信者でもないし、
かといって否定したいような姿勢なわけでもありません。

その上でフラットに、調べあげた事実を書いていきます。

 

アムウェイをいろいろと調べてわかったこと

  • 稼ぐ人は会員紹介で子を作り、合算で年収何千万も稼ぐ(ごく一部)
  • 商品自体は性能のいいものが多い
  • ただし値段相応でないことが多い(高い)
  • 商品の紹介料で大きく稼げる=その間に存在する差益が大きい(もっと安くできる)
  • 熱狂的信者になるか、自分が稼ぎたいという欲にまみれやすい(自己中心的な勧誘など)

という感じ。

 

アムウェイでのんびりと会員になって楽しんでる人はいるし、そういう人は自分がただ、商品を良いとおもって使い続けていたり、開かれるパーティなどに参加するだけだったりする。(むしろそういう人のほうが多い。) 

 

ただ、上昇志向の強い人や稼ぎたい人は当然、人に積極的に商品を紹介しまくる。
ことあるごとに勧めてくる。

これが近い立場の人からすれば、たまらなくうざい。

実際に商品が良いとしても、
ことあるごとにしつこく言われると嫌になるもの。

僕はそこまで洗剤ひとつにこだわりはないのだ。

 

同居人がアムウェイに加入していた

僕の場合は、気づいたら同居人がアムウェイに加入していた。

(シェアハウスの長をしています)


おかげでアムウェイの製品が家に並び、アムウェイに関する知識が非常に増えましたw

ことあるごとにアムウェイの商品を紹介されるのは正直、気持ちのいいものではない。
「あぁ、洗脳されてしまってるな・・・」と思うのが実際のところだ。

 

でも、僕自身、普通の生き方をしてない(ブロガー・投資家・音楽家とかやってる)し、少数派の意見こそ耳を傾けるべきだと思っている。

「アムウェイ=怪しい」という、この世間の図式に抗いたい。
だからこそ、ちゃんと耳を傾け、自分でもいろいろと調べてみた。

 

けど、同居人に、「アムウェイの◯◯すげーよ、めちゃくちゃ身体に良くて・・・」って言われて、「どの成分が身体にいいの?」とかちょっと突っ込むと、全然言えなくなってしまうw

 

まぁ、商品を開発したわけではないし、そこまで言える必要はないのかもしれないけど・・・。

 

ここまではただ、アムウェイの話題をことあるごとに出されることに少し嫌悪感を感じているだけだが、一番ゾッとしたのは、

上の人から「ネットの情報は信じるな」と言われてることだ。

 

ネットの情報を信じなくて何を信じるのだろうか?
むしろ批判的な意見は当然あるものとして、受け入れるべきだろう。

ネット上は極端な意見もあるが、極めてフラットな場であることは確かだ。
そこには見返りを抜きにした、素直な意見が確かに存在する。

批判や意見は当然、そこに集まるしかない。

 

「実際のその人を見て、見極める」と彼はいうが、
本当にそんなことができるのだろうか?

その人は、もう完全にそちらに"染まりきった人"じゃないのだろうか。
自分の利害に関わることしか発言しない、できないのは明白だ。

 

まとめ

たしかにアムウェイでは、人に商品を勧誘することでお金を稼げる。
ポイントサイトなどと同じ仕組みだ。

一度、勧誘して加入してもらえば、あとはその人のその後の購入のパーセンテージが常に入ってくるようになる。あとは数勝負、運勝負といったことにもなってくる。

でもぼくは「アムウェイ」を紹介して稼ぎたいとは思わなかった。
ギラギラしてる人が沢山いる環境、実際に稼いでいる人がいる環境は魅力的だ。

それだけを求めてその世界へ入るのもいいが、結局はアムウェイにがっつり関わることになるのは目に見えている。 

商品を紹介する、という意味ではアフィリエイトもこれによく似ている。
でも、リアルの人に商品を勧めるというのは、なかなか簡単なことではない。

 

商品を使う分には、いいものも多いのだろうし、そのついでで稼ぐならいいと思う!
それにアムウェイに入ってる人の9割以上は健全な人のはず。

ごく一部に熱心で少し度が過ぎた勧誘者が、その評判を下げているんじゃないかな。

 

(以下、参考)