S語録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログです。

【君の名は】辛口・完全ネタバレ感想レビュー!面白い?面白くない?


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

f:id:shinth1:20160910165454j:plain

今大ヒット中の「君の名は。」の完全ネタバレレビューです!完全体です!

壮大なネタバレ記事なので、中身を知りたくない方は、絶対に見ないでください。

果たして名作なのか、駄作なのか・・・! 

(以下ネタバレレビューのため注意)

 

男女が入れ替わる!

舞台は東京の大都会と、岐阜の田舎町「糸守」。

主人公は、「宮守三葉(みつは)」という女の子と「立花瀧(たき)」という男の子。
どちらも高校生。

この男女2人が急に入れ替わるという、ベタな設定から話はスタートします。
入れ替わるのは週に2〜3回で、不定期。 

単純に2人の反応や、やりとりなどがおもしろいです。
思春期ならではの体のことであったり、家族や学校環境。

そして、禁止事項をお互いケータイに残すところも面白い。

お互い、クラスメートには完全に変人扱いされるようになりますが、
それでも少しずつ互いの生活に慣れ親しんでいきます。

スポンサーリンク
 

お互いに興味をもつように

みつはのおかげで片思いだった奥寺先輩とデートできることになった瀧ですが、
デートの際中に、「みつはのことが気になっている」ということに気づく。

そしてその日から、急に入れ替わらなくなる・・・。

どうしてもみつはに会ってみたくなった瀧は、
入れ替わった日の景色や風景を頼りにみつはの住む田舎町へと足を運びます。

 

「糸守」に彗星が落ち、村が壊滅

瀧が自分の書いた絵を頼りに街へ向かうも、街の人は全然知らないと首を振る。
もはや諦めかけた時、ラーメン屋で糸守出身の店主と出会う。

そこで知った驚愕の事実を知ることに。
それは、「3年前に糸守に彗星が落下して消滅した」ということ。

彗星の落下によって亡くなった人の名簿を探すと、
妹のよつはやおばあちゃんや親友、そして「みつは」の名が・・・。

しかし、入れ替わらなくなったのは「たった数日前。」
謎が深まる。

店主の協力もあって糸守へようやくたどり着くと、
そこには消滅して跡地となった糸守が・・・。

 

再び、入れ替わりが起きる!

瀧は自分の記憶を頼りに、みつはが残した口噛ざけのある場所へ行きます。
そしてそれを口にすると、みつはへの入れ替わりが起きます。

祭りの場所に彗星が落下することを知っている瀧(体はみつは)は、
落下地点へ人が集まることを阻止するべく、行動を開始する。

役場の人間である父親へ「彗星が落下する」と告げるもまるで相手にされず。
仕方ないので友人に協力を仰ぐことに。

 

2人が初めて出逢いを果たす

その頃、みつはが瀧の体で目を覚まします。

みつはは「自分が一度死んだのでは」という思いを抱きながらも、
瀧が発する声を頼りに、瀧がいる糸守のある場所へと向かいます。

そしてようやく、2人は初めて出逢います。
ここは非常に感動するシーンでした。

互いの名前を忘れないようにペンで書こうとしますが、
その途中で、みつはは消えてしまいます。

 

計画実行

みつは(中身は瀧)が運命を託されます。
おばあちゃんも妹も、彗星が落下するなんてことは信じてくれない。

みつはと友人2人は計画通り、山で爆発を起こし、
町内の放送をジャックして避難を指示。

しかし、ここでも父親のいる役所に放送を止められてしまいます・・・。
もう彗星が落下する時間は迫っているのに、
町民は待機させられるように指示されてしまう。

このままでは、皆助かりません。

さて、どうなってしまうのか・・・。

スポンサーリンク
 

8年の月日が経過

ここで彗星落下から8年、瀧の就活へと移り変わります。
なんと、町民が奇跡的に助かったというニュース。 

そのままなんとなく、何かを探しているような気をお互いに感じながらも
慌ただしく生活を送ります。

そして、電車の窓越しに、2人はまたしても偶然に出会います。
電車を降りて、互いを探し回る。

そして、運命の階段ではちあわせる。
2人は一度はすれ違うも振り返り、、、

「君の名は・・・。」

 

まとめ

こんな感じです!

その先の展開はもう、運命の人どころの騒ぎではないので
自然と結婚へと向かうことでしょう。

 

いや〜、久々に映画館で泣きましたわァ!!

「男女の入れ替わり」というベタな設定から、
ここまで感情を動かす作品を生み出すとは、監督の新海誠さんすごいな!

この人の他の作品も見てみたくなった!

あとは風景のリアルさですよね。
実際にある町や建物がモチーフになっていて、それがたまらない。

「聖地」には多くの人が訪れてるようですね。

 

キャラクターの感じとか、田舎の風景はなんだかジブリっぽいな〜って思いながら見てました。サマーウォーズとかまどマギとかそっち系(時間遡行)の匂いもします。

恋愛ものというよりは、SFっぽいや謎解きっぽいところがありますね。

でも個人的にはクライマックスの感動は「君の名は」に軍配!!
だって映画で涙することって、なかなかないから。

糸守、結び糸?らへんの伏線も良かった。
あの糸がなければ、2人は出会えなかっただろうから。

希望と絶望の絶妙なバランスだよね。
どっちに転ぶか、最後までハラハラさせられました。

 

関係ないけど、妹よつはちゃんの高校生姿がめっちゃ可愛かった!!
気になる方は、映画館で見てみましょう!

それでは現場からは以上です!

 

原作はこちら