S語録

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログ。

富士山に登るのにお金はかかる?東京からの高速代は?日帰り登山の費用の目安は?山登りにかかるお金の話!


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

f:id:shinth1:20160910193735j:plain

先日富士山の山頂に行ってきた件で、いくらお金かかったんやろな〜って計算してるうちについでに記事を書いてたので、そちらを公開します。

参考になることをお祈り申し上げます。

 

登山をする時にかかるお金(費用)の話

 東京から富士山まで、車で行くといくらかかる? 

我々の場合、東京都心〜富士吉田の5合目あたりまで、高速やガソリン代含めて往復7000円くらいでした。(6人乗りファミリーカー)

もちろん人数や車の車種や燃費によってここはかなり差が出るところ。

しっかりと事前に計算しておきましょう!

ちなみに、富士吉田5合目にある駐車場は駐車料金無料です!!

 

※登山初心者は「富士吉田5合目」の登山口スタートがおすすめ(標高約2300m)


富士山に登るのにお金はかかるの?

富士山に登ること自体にお金はとられません!

ただし、登山用の装備の準備でまずお金がかかるでしょう。

ヘッドライトやレインコートなどが必須になるので、絶対に揃えましょう!!

 

以下を参考にしてみてね(↓)

参考価格として、必須だと感じたものの一部の値段を書いていきます。

  • ヘッドライト:1000円前後(夜に登るなら絶対に必要)
  • レインコート:2000〜3000円(ちゃんとしたものが必須)
  • 手袋:1000円前後(スキーなどの水を弾いてくれるやつ推奨)
  • 登山ステッキ:1500円前後(あれば相当楽になる)

 

実際に登山のスタートからかかるお金は以下に書いていきます。

 

まず、途中にあるトイレは場所によって、200円かかります。

それから、一番お金がかかるのはやはり「食料」です。

休憩所や山頂ではカップラーメンやおしるこ、飲料水などが売ってますが、もうとにかくべらぼうに高いです!!

山の中腹でも500mlの飲料水が最低300円〜、カップラーメン500円〜、山頂に至っては、豚汁800円などという驚異の価格設定です。(1軒しか存在しないので買うしかない)

ですので、リュックに入る分は必ず、事前に自分で用意していきましょう!

特に暖かい飲み物を水筒に入れていくだけでも、かなり違いますよ。

 

Mr.Sの富士山・日帰り登山にかかったお金

私がかかったお金を算出しました。

  • ヘッドライト:1200円
  • 登山前のコンビニでの飲み物やご飯調達:700円
  • 車移動・高速代:2000円(人数で分割)
  • 登山中の豚汁やおしるこ:1500円
  • 帰りの温泉:1500円 (どうしても入りたかったw)

日帰り登山にかかったお金の合計:6900円

 

ちなみに素泊まりなどをする場合は、たしか4〜5000円程度だったと思います。

安く感じますが、滞在環境はそれなりに厳しいと思うので(寒さなど)、覚悟して泊まりましょう!

 

まとめ

こんな感じ!

もちろん人によって、登山にかかるお金は大きく変わってきます。

それでも準備ナシに登山はできないので、金銭面もしっかり考えながら準備していきましょう。うまく準備すれば、お金も節約できますし!

 

とにかく、山、ナメるべからず!!それではドロン!