S語録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログです。

【恐怖しかない】我が家に某グッドモーニング新聞が勧誘にやってきたよ


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

f:id:shinth1:20160820191904j:plain

どうもMr.Sです。

 

今の家に引っ越してから半年。久しぶりの勧誘です。

(ヤクルト以来、通算2回目)

 

本当ついさっきのできごとです。

 

東京都内の某マンションの10F。

オートロックがないので、ドア越しでいきなりやってきます。

 

強めのノックだったので「んだよ・・・」と思いつつもドアを開けると、

それは新聞の勧誘でした。

某・グッドモーニング新聞。

 

男性2名でお越しでした。

2人して縦に並んで顔をピョコっと出すから、ボブスレーの選手なのかな?って思いつつ。

 

謎の小袋(ゴミ袋みたいな)を渡され、話を繰り出してきます。

うんうん、これは、先に粗品を渡すことで発生する、返報性の法則を利用してるね。

でも、ポリ袋じゃぼくの心は動かないんだな。

 

そしてチャンスは今しかない!と思ったのか、すごいスピードと会話の圧。

ぼくはこんなことが眼前で起こりながら、「あ、ブログのネタになる」

なんて、見事なブロガー脳を発揮したりしてね。

 

けど、やっぱり勧誘ってなんか、嫌だね。なんかね。

押し売りはもっと嫌だよね。

買わないよね。

契約もしないよね。

 

「大丈夫です」って窓を閉じる瞬間に指をドアに突っ込まれそうになったのは、さすがに焦ったね。

挟んじゃったらぼく、悪いじゃんかってね。

「あ、痛い!アナタ、ユビ、挟ンダから契約シテ!」って言われたら、契約しそうになっちゃうじゃんってね。 

 

心理学でいうフット・イン・ザ・ドア、テクニックだね。

あ、手だからハンド・イン・ザ・ドアだね。

うん、どっちでもいいね。

 

というわけで、優しく笑顔で対応することもできず、かといって冷徹にあしらうこともできず、妙にモヤモヤしたけど。

強く行くところは強く行かなければ!って26年の人生で学んであるからね。

ぼくは負けないヨ。

 

まぁ、勧誘する側も大変だ。

けど、新聞はいらないんだな。

 

アディオス