S語録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログです。

アドセンス広告の上限撤廃はペナルティを誘う危険な罠?4枚以上貼るべきかどうかの考察と対応策


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

どうも、Mr.Sでございます。

2016年8月中旬より、Google Adsenseが広告設置数の上限を撤廃し、何枚でも貼れるようになりましたね。(これまでは1ページ3枚まででした)

今回は、この件に対しての個人的な考察を書いていきます!

 

〜参考〜

 

吉報であると同時に悲報

GoogleAdsense広告数の上限撤廃。

これは吉報であると同時に、ある意味各個人の自己責任に委ねられたという感じがします。

つまり、今まで「なにも考えず3枚」でいけていたところが、「コンテンツのボリューム(文字数など)に対して自分で考えて広告の数を調整してね〜」という塩梅になったということです。

当然、上限が撤廃されたからといって、ベタベタ貼り付けていいわけががなく、個人的にはむしろ「減らさなければ」とすら感じました。

この辺は絶妙なバランス感覚が求められるので、アドセンス初心者にとっては、より難しい判断が強いられますね。

 

この変更にどう対応すべきか?

個人的には、静観でいいと思ってます。

この変更に関係あるのはあくまで、記事コンテンツが充実してるメディアを持っている人だと思っていますので。(この人からすれば広告を増やせるので、その分今まで取りこぼしていた収益が増加します。)

具体的には文字数2、3000以上の記事がたくさんある人ですね。

 

もしくは、記事コンテンツが乏しい or アウトすれすれの人

トレンドやゲーム攻略ブログなどで、文字数が平均500〜800とかのブログはペナルティ対策が必要になるでしょう。

 

ペナルティを避けるための具体的な施策

いきなりルールが変わって、それに伴って今までセーフだったものがアウトとなって、「即ペナルティ!二度と復活できません!」みたいなことって、今までの過去を見ても余裕であるんですよね・・・。

もしそのブログが毎月5万、10万、20万、50万産むようなブログだったら立ち直るまで精神的にもかなりキツイと思います。

 

ですから、対応は今のうちに!です。

見出し上と記事末尾だけは固定でも良いと思いますが、アクセスの少ない記事の記事中アドセンス広告を1枚減らしておく、といった対策が必要かもしれません。

これに関しては、別に広告を取り除いても発生する収益に大差はでないと思うので、外しておくほうがベターだと思います。

 

私はもう外しました。

あ、このブログじゃないですよ!ゲームブログのほうです。

(私のブログのスマホ広告設置場所は、見出し上・記事中・記事末尾)

 

まとめ

スマホで広告を2枚同時に見えるように貼る、など明らかな既存の違反行為をしない限りいきなりペナルティということはないと思いますが、やはりなにかしら対応はすべきかな〜と個人的には思いますね。

アドセンス広告の在り方が変わっていく序章にも感じます。

 

アドセンス広告上限撤廃に関して、まとめるとこんな感じでしょうか。

  • 基本的にはこの変更はプラスに捉えていい
  • 無理に既存広告を追加する必要もない
  • 記事のクオリティが乏しいと感じている方は、要注意

 

逆に広告を追加する場合は、コンテンツの充実した(文字数の多い)記事の適度なスクロール位置に数枚追加していく感じですかね。目安は最低2000文字以上の記事。

固定で追加する場合は、PCの見出し上 or 記事中に横並びで2枚がいいんじゃないかな〜と思ってます。

 

記事中でも話しましたが、個人的にもこれは、記事コンテンツが充実してる人に対しての施策だと思っているし、今後、コンテンツ至上主義が今にも増して強くなるということのGoogle側からの宣言だと思います。

つまり、良い記事を書くやつはより稼げるように優遇していくし、ゴミ記事を量産するやつは徹底的に潰していくといった姿勢ですね。

 

ブロガーやアフィリエイターの皆様におかれましては、気を引き締めて、とにかく良い記事を書いていきまSHOW!

 

【はてなブログ】グーグルアドセンス・ペナルティ(警告)との戦い! 〜前編〜

【はてなブログ】グーグルアドセンス・ペナルティ(警告)との戦い! 〜後編〜 

【またきた】アドセンス「紛らわしい広告」ポリシー違反で2度目の停止予告! 〜はてなブロガーの憂鬱〜