S語録

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログです。

最小単位のススメ


スポンサーリンク
👉おすすめPICK UP2017年のおすすめアプリまとめ
ブロガー向け!おすすめASP一覧
2016年に皆が買ってよかったもの

f:id:shinth1:20140708024653j:plain

人間誰だって、持てる荷物の量には限度がある。だからこそ現代においては「シェア」というのがとても大事だと思う訳です。

そしてそれ以上に、今現在抱えすぎている荷物を減らすことをオススメしてみる。

 

今日の日本国は氾濫している

今日の日本は情報・物に溢れてすぎていますね。それ自体は決して悪いことではないと思う。問題なのはそうやって分母が多くなっている中から、正しく情報をピックアップできる人がほとんど居ないこと。

そして心も満ち足りていない上に、もっともっと、と情報を要求してしまいます。あなたも実際、沢山の情報や物に振り回されてはいないだろうか?

 

あなたの現状を可視化する

さて、自分に必要のないものは今後意識的に切り離していきましょう。どんな手段を使っても。あなたを本当に幸せにしてくれるはずの新しい習慣のために。

 

紙に書き出して可視化する

まずは自分の習慣や行動を時間を使っている順に紙に書き出す。あなたの側に置いてある所有物、関わりある場所と人も書き出す。

[以下は一例]

  • 行動:睡眠、ネットビジネス、音楽制作、楽器、読書、ニュースチェック、電話メール、食事、家事、移動、スマホゲーム、風呂、歯磨き
  • 所有:ノートPC、スマホ、バイク、衣類、本、ノート、楽器、雑貨、薬や化粧品
  • 場所:家、職場、コンビニ、ジム、スタジオ、公園、スーパー、銭湯
  • 人:親族、恋人、仕事仲間、友達、取引先 

 

まとめ:自分の持ち物を知った上でどうするか

実際に書いてみてどうでしょうか?

私はここからさらに持ち物を減らしたとしても、何ら問題ないと思いますし、むしろ2つ減らして1つ新しい習慣を取り入れる、くらいでありたい。特に、ソーシャルやネットサーフィン、ゲーム、暇つぶしアプリなどに費やす時間を一番意識して管理すべきかもしれない。 

結局、災害が起きたり、病気になった時、人間最後は体一つ、丸裸。その時に人に対して、自分がどう接することができるか。それは普段からのあなたの行動が決めることだし、普段画面の文字にばかり笑顔を向けていては、生身の人間に笑顔が作れなくなるのは当然のこと。

たとえば、 1ヶ月に1日でも良いから、スマホを全く持たない日を作ってみると、ビックリするくらい自分に良いリセットをかけられる効果がある。仕事関係などで絶対できない人でも、1時間触らないくらいならできるはず。

体ひとつで何も持ち物がないときの自分で何ができるのか。そういうところに「最小単位」で生きるヒントがあると思います。