S語録

S語録

Mr.Sが年収1億円を超えるまでのドキュメンタリーブログ。

「三国志大戦」に10年越しでハマってしまったので、初心者が勝つために大切なことをまとめてみた【攻略法】

f:id:shinth1:20190417232911j:plain

初代の三国志大戦(1)が出たばかりの頃は中学生でして、その頃に少しやっていたんですが、なぜか10年越しにその熱が再燃してしまいました。笑 

で、ゲーセンでちょいちょい三国志大戦5をやってたんですが、これが負ける負ける^^;

勝率30%台は本気でセンスがないと自分でも思います。

最初の頃に強いカードがなかなか集まらず、負けまくりスタートだったのもありますが、その後の勝率推移も残念。

あまりに負けるものだから自己嫌悪に陥ってたんですが、2ヶ月くらいやってようやく勝てるようになり出しました。(とはいえ勝率50%が安定してきたレ)

ようやく通算1000試合くらいになるので、色々と勝つ方法などを考えてきたものをまとめておきます。というか、このゲームの金を食うスピードやべぇ。2ヶ月で15万円くらい使ってた...。

  

「三国志大戦」はどういうゲームに似ているか?

f:id:shinth1:20190417233024p:plain

色々と考えていたんですが、「将棋」に結構似ているなと思っていて、先を読む力に、反射神経などのアクション性が融合した感じで捉えてます。

デッキ同士の相性を見極め、相手がこうしたらこう返す、みたいな全体像を100カウントの中で瞬時に組み立てられる人が強い。

ちなみに、私は将棋やオセロのような頭脳ゲームは人並み以上に得意ではなく、麻雀やポーカーのような確率・心理ゲームの方が向いていると自分で思ってます。

だからこそ三国志大戦でここまで苦戦してきたわけですが、何事も反省や対策・知識強化・慣れといった部分でそれらをカバーしていけますよね。

 

「三国志大戦」で勝つために考えたことまとめ

f:id:shinth1:20190417233327p:plain

このゲームって、負けると結構イライラしませんか?笑

なぜかは分からないんですが、他のゲームでそんなイラつかない自分も、このゲームでボコボコに負けると、非常にストレスになるわけです。

逆に、勝つとやっぱり気持ちが良いですよね。

だからこそ、精神衛生上のためにもせめて勝率イーブン以上でやりたいという思いがあり、色々とデッキを試行錯誤したり動画で勉強しているわけですね。

 

1.CPU戦から始め、強いデッキを最速で組む

最初は初期デッキで始めるわけですが、なぜかコスト割れしてますよね。(確か7.5)これで対人戦に行くと、ほぼほぼ負けます。上手い人ならともかく、0.5コスト欠けるだけで全然変わってきますので。

また、完全な初心者だけでなく、ちょいちょいサブカードの人ともあたりますので、その場合はほぼ100%負けます。笑

それくらい三国志大戦は、初心者と達人では優劣のつきやすいゲームだと思います。
(麻雀などは初心者のラッキーパンチもちょいちょいある)

なので、最低限コスト81軍色で揃えて、強いカードが揃うまで、そして最低限のスキルが身につくまでは対人戦を我慢し、CPU戦でカードや縁を集めることをオススメします。

そうすることで最初に対人330敗的な、大惨事は免れることができるでしょう。笑

いきなり負け癖がつくと、私のように長いこと引きずってしまう可能性もあります。

強いデッキについては、上手い人のデッキをミラーでお借りするのも手ですね。

 

2.上手い人の動画を見まくる

上手い人の動画をYoutubeなどの動画で見るのはとても大事だと思います。

私も暇な時間に、上手い人のプレイ動画を見ています。

同じデッキを使った場合でも実力は雲泥の差な訳ですから、もしバトルする機会があったとしても、ほぼ100%負けるでしょう。

そこで自分の立ち回りとはどう違うのか、なぜそこでその計略を使うのかなどを考えながら見ることで、プレイしていない時間でもかなり実力は磨かれると思います。

 

3.自分のプレイ動画を見返す

三国志大戦には自分のプレイを保存できるシステムがあります。

これを活用しない手はなくて、「やっぱりここがダメだったなぁ」とかを後でじっくり見返せるのはめちゃくちゃでかい。

ゲームセンターなら無料で見ることができますし、三国志大戦.netで1動画100円で購入することで、動画を保存して家でゆっくりみれます。

私も課題があったり接戦だったゲームはなるべく保存して、見返すようにしてます。

 

4.枚数の多いデッキや忙しいデッキは控える

私はなぜか一番初めに、頂上で見た「王異の知勇一転デッキ」をミラーしました。

7枚ワラですので、これがまー頭と手が追いつかないこと。笑

わちゃわちゃして、勝手に自滅してゲームセット。こんなことばかりでした。

最初から枚数の多いワラデッキは流石にキツいです。6枚以上は地獄で、5枚でも最初は難しいはず。

私のように頭と両手が瞬時に追いつきにくい人は、4枚デッキが一番バランスいいのではないでしょうか。

その場合も騎馬単などではなく、槍と弓と騎馬がバランスよく入ったデッキ。

騎馬1、槍2、弓1などが良いかと思います。

難易度の易しさ的には「弓>>歩兵攻城兵>騎馬」くらいのイメージです。

弓は基本的に置いておけば勝手に撃ってくれるので楽ですし、槍は前にあるだけで馬に対してプレッシャーになります。

騎馬が2枚以上あると、慣れるまでは本当に刺さりまくります。笑

計略についても同様に、範囲のなるべく広い号令系などがいいでしょう。

「いつ打ってもいいし、打っとけば強い」的なやつですね。

また、初心者のうちはテクニックが無い分、素武力がかなり大事だと思います。

「なるべく素武力が高いデッキで、ミスをしても取り返せるように奥義は再起」みたいな感じがいいのではないでしょうか。 

 

5.オススメのデッキについて

f:id:shinth1:20190417232150p:plain

上で挙げたので少しオススメデッキをいくつか挙げておくと、例えば「王基鐘会の4枚デッキ」などでしょうか。2コスの弓と、2コスの槍(司馬師など)ですね。

王基でスピードをあげて前に行けるし、その後のLv2状態での司馬師は兵力も回復できて強いです。

それ以外でもこのような編成であれば、極力頭と手を同時に動かして、最初のうちからうまく立ち回れると思います。

今のバージョンだと、「徐盛谷利4枚デッキ」「辣腕司馬懿4枚デッキ」なども扱いやすいですね。

最初は色々と試してみたくなるのは当然ですが、強いデッキというよりも、自分に馴染む、扱いやすいデッキであるかどうか。

1つのデッキを極める」くらいの心持ちでじっくり回数を重ねることが、上達や勝つためには、とても大事な気がします。

 

6.とにかく知識をつけること

これは大前提としては、もちろん数をこなすしかないのですが、基本的な知識の差が存在しています。

これを早い段階から意識して、身につけていくことが重要。

例えば、

100カウントの中で士気がいくら溜まるか

1カウントが何秒で、死んだら復活まで何カウントかかるか

・この計略は何カウントくらいで士気がいくら必要か

・魅力持ちが相手に3枚いると士気差はどれくらいになるか

・何マス塗ると内乱スイッチが入り、何カウントでどれくらい攻城ダメージが入るか

などなど、上手い人はこのようなことを全部知っています。

感覚的な部分もありますが、座学で補える部分は勉強しておくといいですね。

この辺は「三国志大戦 桃園」サイトのコラムで勉強するのが良いと思います。

 

<知っておくべき最低知識>

  • 1カウント=2.5秒で、100カウント(1試合)は410秒!
  • 4カウントで1つ士気が溜まり、100カウントで25士気が溜まる!
  • 4カウント10秒なので、10秒で1つ士気が溜まる!
  • 撤退したら30秒(12カウント)で戻ってくる!
  • 復活持ちは-5秒、副将器「活」1つにつき-1秒!(最短22=8カウント強)
  • 再起のカウント減少はマスターで-25秒!
  • 魅力持ち1人につき士気+0.5スタート!
  • 城から出る時間は、全兵種4秒!(1.6カウント)
  • 攻城速度は、攻城準備中で停止してから全兵種4秒!
  • 城を出てからの攻城スピードは騎4.5、象5.5、弓7、歩8、槍9カウント!(+3C
  • 攻城力はコスト・武力・兵種・将器特技に依存し、攻城>>>>騎順に重い!
  • 攻城は1回目4秒、2回目5秒かかるため攻城キャンセルが使えると良い!

この辺りは、頭に刷りこんでおくとよいかもしれません。

 

7.ダメな時は休む 

長時間プレイしていると、いきなり連敗する時がありませんか?

私はデフォルトから連敗することがよくありますが(笑)、人間集中力が切れると、やはりミスが増えます。 

三国志大戦は一瞬のタイミングの迎撃やミスが命取りなので、疲れたと感じる時は、ゆっくり座ったりご飯を食べる休憩時間をもうけましょう。 

目安は1〜2時間おきくらいでしょうか。

とか言いつつ、私は長時間ぶっ通しでプレイしてしまうタイプなので、もう少し意識的に休憩を挟んでいこうと思います。

 

8.上手い人と友達になる 

上手い人と友達になったら、一度ゲームを後ろから見てもらって弱点を指摘してもらうと、かなり上達が早くなると思います。 

自分で気づけない部分に気づけるし、きっと単純に楽しさも増えますよね。

私は三国志大戦は1人でやっているため、これは「できたら良いな~」って感じです。笑

 

9.自分の課題をメモに書きだす

まさに私がやっていることですが、課題は山のようにあります。

それを頭で考えるだけでなく書きだすことで、より鮮明に見えてきます。 

・頭と両手が追いつかない問題

・号令に味方が全員入らない問題

・位置どり最悪の白兵雑魚問題

・槍に刺さりまくる問題

・守りローテ下手すぎ問題

・士気差把握しきれてない問題

・攻めで調子乗って全滅問題

・城門&迎撃キャンセル・騎馬寸止めできてない習得

など、私もこんな感じで沢山の問題と向き合っています。笑

  

まとめ

勢いで書きなぐりましたが、こんな感じでしょうか。 

うまくなるための結論としてはやはり「プレイしまくるしかない」わけですが、プレイ自体にもお金がかかりますし、勝つほうが効率よく、気持ちよくプレイできますよね。 

プレイしてない時に動画やWEBをみて、プレイ中は万全の状態で挑む。

当たり前のことに回帰してしまいますが、これが王道にして最強なのだと思います。

最近はちょっと短期的にやりこみすぎてひと段落しましたが、暇なタイミングでやろうと思ってます。

【夜泣きツラい】子猫を飼って初めて、育児ノイローゼのような感情に襲われました【原因と対策】

f:id:shinth1:20190418003839j:plain

我が家の子猫は、生後3ヶ月の♀猫ですが、朝4~5時くらいに毎日夜泣きをします。

というか、ゲージに入れるともれなく泣くのですが、まだ日中はいいです。

作業に集中する時などはイヤホンをして音楽を流せば、だいぶマシなので。

 

しかし、やはり朝方4時ごろに泣かれるのは辛いです。

生後3ヶ月の子猫とはいえ、かなり鳴き声は大きく、甲高いので余計に響きます。

こればかりは、隣の部屋への影響もあるし、本気で対策しないと今後キツいなと思いました。

胃腸炎を患った時に、ゲージに入れておいてしょっちゅう泣かれてなんども目が覚めた時には、猫を飼って初めて、瞬間的に育児ノイローゼのようになってしまいました。

 

 

とはいえ、生き物、マシてや犬猫を飼うならば、これくらいは織り込んでいる必要があって、自分でもそれはわかってるつもりでした。

ただ、いざとなるとその想像を超えてきて、ナメていたなぁ...と。

ゲージから出した時の暴れっぷりも、それはもう凄まじいものです。笑

 

あまりにうるさい時には、毛布でゲージを二重に覆うなどの対策はしてみましたが、あまり効果はなく、何より隣の部屋への影響が心配で、申し訳ない気持ちです。

猫からしても、ゲージに入れられっぱなしでは退屈だったり寂しかったりと、ストレスを感じているから泣くわけで、互いにストレスになってしまうのは避けたいところ。

家にいるときは極力ゲージから出してあげるようにしていますが、流石にこのままではいけないので、夜泣き対策を3つほど考えました。

 

子猫の夜泣き対策 3選

1.ゲージを遮音布で覆う

これはまだ注文してやってないですが、一定の効果があると思っています。

全体を覆ってしまうのはストレスになるかもしれないですが、寝室側だけでも遮音性のある布で覆うことで、軽減したいです。

また実際に商品が届いたらレビューしようと思います。

 

2.泣いている時にゲージから出さない

可哀想ですが、泣いている時にすぐ出してあげることを繰り返すと、ちょっとしたことですぐ泣くようになるそうです。

寂しいという感情で泣いている時は、ぐっと我慢して、泣き止んだら出してあげるように最近はしています。

 

3.トイレ掃除と食事は万全にする

泣く原因の2つである、トイレが汚い・お腹すいた(水分含む)、についてはしっかりとチェックし、少しでも原因を取り除いてあげるようにしています。

どうしても泣く場合は、まずはここをチェックするべきかもしれないですね。

 

最後に

どうしても泣きやまない時は、病気や怪我なども考えた方がいいかもしれませんね。

一箇所をずっと舐めているなどの時は、しっかりと観察してあげようと思います。

夜泣きだけは、本当勘弁して・・・。笑

子猫を飼ってから5日間のリアルな猫日記を公開!リアルな大変さやトラブルも...

f:id:shinth1:20190418001521j:plain

子猫を飼ってから5日間の猫日記(メモ帳)を晒しておきます。笑

猫を飼い始めて3日くらいで、リアルな大変さを痛感することになります^^;

ただ、こういう日記もいつかはいい思い出になりそうだな、と思ってます。

 

猫日記 1日目(3/24)

家にはじめての子猫が来た

これから色々なことが変わるだろう

夜ゲージを組み立て、ご飯を作るだけで大奮闘

玄関でドアに向かって泣く猫、抱きしめると震えている

不安な気持ちが大きいんだろう

トイレも設置してようやくひと段落

気づいたら猫も自分もグッスリ眠っていた

 

猫日記 2日目 (3/25)

朝ご飯を作るため早起き

自分の生活も正されていくw

飼うまで知らなかったヤンチャっぷりを知る

ご飯はちょっとずつ食べては、走り回っての繰り返し

抱きしめるとぐるぐる泣いて、足でフミフミしながら甘えてくれる

思ってたより寝てくれないけど、環境に慣れたら寝てくれるだろう

 

猫日記 3日目 (3/26)

今日も猫が気になって早起き

トイレを見ると、下痢気味なのが気になる

くしゃみもしているので部屋が寒かったのかも

はじめて暖かいミルクを与えてみた

膝の上でPC作業してると、キーボード音が気になるのかやたら乗ってくる

トイレの時はちゃんとゲージ戻ってくれる、偉い

今日も激甘えモード

当の自分は原因不明の腹痛に見舞われる

夜泣きと手噛みが重なって、猫を飼う大変さやリアルを感じた1日

 

猫日記 4日目 (3/27)

風邪だと思ったら、胃腸炎で動けず

夜泣きに毎日の世話と、猫を飼う上でのしんどさがかっている状態

飼い始めて一番リアルなしんどさを感じてしまった日

2人ならともかく、1人で飼ってくには不安が募る

ただこれは飼う上で覚悟をしていたはず

あの子を飼わないという選択は後悔になると

ただ音漏れする今の家で飼ってくのは無理なので引っ越しを急ぐべし

 

猫日記 5日目 (3/28)

胃腸炎の時に泣かれたり騒がれることは辛い

一緒に住むパートナーのおかげで世話を任せられたのは大きい

足にウンチがついて固まってしまってたので、初めての足湯

小さい頃の写真や動画は宝物だから、いっぱい撮っていきたいと思う

 

日記は続く...

簡単なメモですが、勿論、この後も日記は続きます。

毎日新しいことを覚えて、成長していく子猫。

みなさんも是非、愛するペットの日記や写真・動画をたくさん撮っておくといいでしょう!

子猫を飼う前夜に思うこと(独り言)

f:id:shinth1:20190417234329j:plain

「子猫を飼う前夜の心境」をメモ帳に赤裸々に綴っていたので、せっかくなので公開することにしました。笑

これからペットを飼おうと思ってる人に何か伝わることがあればいいなと思います。

 

子猫を飼う前夜に思うこと

生き物を飼う難しさは、知っているつもりだ。

私は10代の頃にフェレットを飼っていて、それを思い知った。

白くてふわふわで、とても可愛くて、大好きなペットだった。

本当に可愛かった。

 

しかし、4年くらいの月日が経ち、お別れの時がきてしまった。

ゲージのハンモックの中で冷たくなっていたんだ。

もっと遊んであげることも、長生きさせてあげられることもできただろう。

その時自分は18歳だったが、本当に後悔をしたのを今でも覚えている。

一緒に寝たり、ベランダを駆け回ったり。

ある時は、目を離したスキに突如いなくなってしまって必死に探し、しばらく経って奇跡的に外で見つけられたこと。

これは本当に奇跡としか言いようがなかった。心から神様に感謝をした。

 

それから10年近くが経ち、仕事柄家にいることが多い自分としては、側にいてくれるペットという存在を求めていた。

特に、子猫を飼いたいという気持ちが強く、よくペットショップへ足を運んだ。

どの子もとても可愛く、いますぐ家に連れて帰ってあげたい衝動に駆られた。

しかし、ペット・生き物を飼うということの覚悟や難しさは骨身に沁みている。

 

お金も生涯で100万円単位でかかるだろう。

家を簡単に空けられなくなるし、何よりいつか悲しいお別れがくる。

『それでもいいから、どうしても飼いたい!』と思うような子には出会えずにいた。

 

3月になって引っ越しの時期が近づき、奇しくもペットOKの部屋に決まった。

メインの条件は「ペットOK」ではなかったのだが、頭の片隅で無意識にそういう物件を探していたのかもしれない。

引っ越しの準備の合間で、またペットショップに立ち寄った。

そのペットショップはもう訪れた回数が分からなくなるくらい通っていた。笑

 

そして、その日は運命の日となった。

真っしろい毛に覆われた小さな体。青くまん丸な瞳、ピンクの鼻先。

抱っこをしてもおとなしく、なかなか顔を見てくれないが、目が合うとじっと見てくれる。

直感で「この子を飼うんだろうな」と思ったのを覚えている。

 

その日に仮契約をしないと、明日から他店舗に移ってしまうという話だった。

私は内金10%をその日、支払うことに決めた。

これはもうキャンセルしたら帰ってこないお金だ。

そして期日までの1週間、本当に今の自分があの子を飼っていいのか、悩み抜き、それでも決められず、期日の最後の日にペットショップに訪れた。

 

再度、会って抱っこをした時に、飼うことを決意した。

この子を諦めたら、ずっと引きずると思った。

他の飼い主さんに飼われていくことを想像すると、胸が苦しくなった。

「これだけ可愛い子はなかなかいない。絶対に、すぐ決まってしまうだろう。」

既に親バカになった気分だった。

  

本契約を済ませ、次の日の17時にペットショップへ引き取りにいくこととなり、前夜はやはり色々な思いにふけった。

独身最後の日のような、そんな、ペットのいない最後の日を噛み締めた。

名前はうっすら候補が上がっていたが、一緒に時間を過ごしながら、ゆっくり考えようと思った。

 

これから、どんな日々になるだろう。

【あけおめ】2018年の振り返り・2019年の目標設定をしました!

f:id:shinth1:20190101034231j:plain

2019年、あけましておめでとうございます!

ネットの片隅にかろうじて存在しているこのブログですが(笑)、余裕のある時に投稿していきますので、今年もよろしくお願いいたします。

今日は元旦なので、早速2018年の振り返り・2019年の目標設定をしておきます。

 

2018年の反省すべき点

1.自分が思ってた以上に行動できなかった

引っ越しもそう。海外旅行や会社設立も。音楽活動も動画配信も・・・。

色々と行動を起こしたつもりでいましたが、「30点」ですね。

しかし冷静に事実を見つめて、向上・改善してゆきます。

 

2.無駄な行動が圧倒的に多かった

一番は、何にもつながらないゲームでの時間浪費。

これが配信だったりでファンや金銭獲得に繋がっていれば別ですが。

ただの時間つぶしは二流以下。この惰性の癖は減らす必要があります。

 

3.弱気になりすぎた

マイナス思考がいつの間に増えていたのが、反省点。

失いそうなものごとや、最悪のリスクへ意識を向けすぎた。

鬱屈とした気分になるのが多いのは、1つの場所に滞留しているから。

それ以外の何物でもないと思います。

 

4.人の成功や成果・動向を気にしすぎた

全然関係ないのに、ライバルの成功に気を揉んでばかり。

結果として萎えて、自分が結果を出す行動から遠ざかってしまう。

これは本当に不毛でした。

そしてそれを心から喜べない自分は、率直に嫌だと思いました。

自分が成果を出すことだけに集中します。

 

2019年の目標

1.とにかく矛盾なく人生を楽しむ!

もやもやするとしたら、やはり後ろめたいと感じることをしている時。

本気で自分がやりたい情熱と、人に感謝してもらうことのバランスが大事。

  • 年齢などを絶対に言い訳にしない
  • その先に発展がないことはしない
  • 没頭できることにフルでエネルギーを注ぐ
  • フットワーク軽く動ける状態を保つ
  • 選択や決断は必ず自分でする
  • 自分自身、そして人を大切にする
  • やりたいことは前倒しでドンドンやる

矛盾なく人生を生きるためにこれらを意識します。

 

2.これからの人生をともに過ごす仲間を大切にする

ふとした時に麻雀をしたり、ゲームしたり、音楽を奏でたり飲みに行ったり・・・。

何より一緒にビジネスができる、そんな仲間をしっかり大切にしていきたい。

親友が1人いますが、彼は本当に宝だしそこからもっと発展させていきたい。

本音で話せるかどうか、一緒に寝食ができるかが大事。

Barを作ったり、そういう「共通の場所」づくりがこれからのキー。 

 

3.資産1億円突破

これについては今年のお金の目標です。

2017年以降、年収ベースではなく資産ベースで考えるようにしてます。

一度は触れたこのラインですが、億をキープし超えていくのは一筋縄ではいかないと痛感しました。

しっかり収入ポケットを複数意識し、コツコツ。そして大きく張るときは大きく張る。

これを大事にやっていけば、必ず超えていけると確信してます!

ゆくゆくは必ず、10億。これは人生でヤリタイことを叶える上で必須事項。

 

4.海外移住・海外に会社を作る

本格的に、日本以外の選択肢を持つ必要性が迫られていると感じます。

また、税金面やそのほか諸々を考えても、「絶対に日本である必要性」というのはどんどん希薄になっています。

今年は最低でも3カ国、色々と旅をしながら新しい居住地を探りたい。

 

5.フォロワー10万人突破

既に、フォロワー(人的信用)がダイレクトにお金に変わる世の中になっています。

もちろん、仕掛け方やブランディングは必要ですが。

また、世界がリアルタイムに繋がっており、良いものや注目のされ方次第で、1万人単位のフォロワーというのは、一瞬で獲得できてしまうのが事実です。

これは普通の女子高生がTiktokで1年で50万人フォロワーを獲得したいたりと、事例は枚挙にいとまがありません。

私は現在アカウント合計でフォロワー1.5万人ほどですが(相互フォローなし)、ここをしっかり伸ばすことを意識し、ファンの新規獲得を目指していきます。

 

6.「何よりも音楽をやる!」

今年の一番の目標はここです。

3年近く音楽から離れた結果思ったのは、音楽をもう一度本気でやるということ。

しばらくお金を稼ぐことに重きを置いてきましたが、結局欲しいもの(仲間・生きがい・モテ・尊敬や信頼・ファン・お金)はここの発信や活動に全て繋がってくる。

そう確信しました。

具体的にはここで書いても仕方ないかもしれないですが、以下を目標にしてます。

・YoutubeへPV最低10本

・ライブ配信10回以上、LIVE活動開始

・1本で10万PV突破

・音楽用ツイッター年内1万人

・並行してバンドのサブチャンネルでゲームや旅配信

 

7.それ以外の行動まとめ

・見た目磨きに徹する(顔/肌/頭皮/筋トレ/脱毛)

・美男美女や有名人にたくさん会い、刺激をもらう(同じラインで)

・神社に行く(鎌倉)

・海外に行く(マレーシア/ドバイ/インドネシア/シンガポール/アメリカ/マカオ)

・綺麗で仕事が捗る家に住む

 

まとめ

というわけで、自分のためだけの記事になってしまいすみません!笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。

皆さんもぜひ、目標設定をしておくと良いですよ!